Changes between Version 3 and Version 4 of linux/openvz


Ignore:
Timestamp:
1970/01/01 09:20:03 (51 years ago)
Author:
yuna
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • linux/openvz

    v3 v4  
    2626# /etc/init.d/vz start 
    2727}}} 
     28他のWebページを見ると、/etc/sysctl.confを変更しろとか書いていますが、Debian版のOpenVzをインストールすると勝手にsysctl.confを書き換えてくれるので設定は不要です。 
     29 
    2830次に、インストールするテンプレートの確認を行います。テンプレートは/var/lib/vz/template/cacheディレクトリにあるので、テンプレート名を確認しておくと良いでしょう。 
    2931{{{ 
     
    3638}}} 
    37391001はVEのIDです。VE毎に異なるIDを指定してください。以下、このIDを利用してVEを操作することになります。 
     40 
     41OpenVzで利用できるテンプレートは、openvz.orgの下記のサイトに用意されています。 
     42 
     43[http://openvz.org/download/template/cache Precreated Template] 
     44 
     45SuSE,CentOS,Debian,Fedora等が用意されています。 
     46 
    3847== VEの操作 == 
    3948作成したVEを起動するには、 
     
    4756      1001          6 running 192.168.1.10       vzdebian 
    4857}}} 
    49 VEにログインしてみましょう。 
     58VEのルートユーザのパスワードを変更するには、次のようにします。 
     59{{{ 
     60# vzctl set 1001 --userpasswd root:root --save 
     61}}} 
     62--saveをつけないと、次回VEを起動したときに設定が無効になります。デフォルトではDNSが無効になっているため、次のようにしてDNSを設定しておきます。 
     63{{{ 
     64# vzctl set 1001 --nameserver 218.176.253.66 
     65}}} 
     66VEにログインするには、次のようにします。 
    5067{{{ 
    5168# vzctl enter 1001 
    5269root@localhost:/#   
    5370}}} 
    54 VEのルートユーザのパスワードを変更するには、次のようにします。 
     71VE内でSSHを起動しておけば、他のOSからログインできます。 
    5572{{{ 
    56 # vzctl set 1001 --userpasswd root:root --save 
     73root@localhost:/# /etc/init.d/ssh 
    5774}}} 
    58