Changes between Initial Version and Version 1 of linux/Go


Ignore:
Timestamp:
2016/01/31 22:01:27 (5 years ago)
Author:
yuna
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • linux/Go

    v1 v1  
     1= Go言語メモ 
     2 
     3Docker関連のプロジェクトにコントリビュートするときにgodepの使い方が 
     4わからなかったのでそのメモ。 
     5 
     6https://github.com/docker/libnetworkのnetlinkライブラリを更新する例です。 
     7 
     8= godepのインストール 
     9 
     10Goのライブラリを管理するGOPATHを設定する。 
     11 
     12{{{ 
     13# mkdir /home/hoge/gopath 
     14# export GOPATH=/home/hoge/gopath 
     15# go get github.com/tools/godep 
     16}}} 
     17 
     18次にライブラリをアップデートしたいソースのパスに移動し、GOPATHをそのプロジェクトの依存関係パスに設定 
     19 
     20{{{ 
     21# cd /home/hoge/libnetwork 
     22# export GOPATH=/home/hoge/libnetwork/Godep/_workspace 
     23}}} 
     24 
     25Godeps/Godeps.jsonファイルを編集し、アップデートしたいリビジョンに更新 
     26 
     27{{{ 
     28                { 
     29                        "ImportPath": "github.com/vishvananda/netlink", 
     30-                        "Rev": "bfd70f556483c008636b920dda142fdaa0d59ef9" 
     31+                        "Rev": "5a5eb317d73bc513ae0cfea7d9ac3c39f145e1db" 
     32                }, 
     33}}} 
     34 
     35更新したいライブラリを削除し、restoreを実行する。 
     36 
     37{{{ 
     38# rm -r Godeps/_workspace/src/github.com/vishvananda/netlink 
     39# /home/foo/gopath/bin/godep restore github.com/vishvananda/netlink 
     40}}} 
     41これで、Godeps/_workspace/src/github.com/vishnananda/netlinkのライブラリがGodeps.jsonで指定したリビジョンに更新される。